行政書士について知りましょう~事務処理のプロ~

法律などの専門的な分野は 勉強方法を工夫しよう

任意売却の相談

任意売却を行う時はローンの返済が滞った時でしょう。競売を避けるために選択することがおおいですが、実際に任意売却を行う時は決して焦らずに金融機関に相談することが大切です。協力的な場合も多いです。

需要の高い行政書士の資格を取得したいならコチラを参考にしましょう。試験合格の為に知っておきたい情報が盛りだくさん!

社労士を知る

社労士になろうと考えている人は、そのための資格を取得する必要があります。その際には予備校に通うことが非常に効率が良いと言えます。予備校の選び方について紹介していくので参考にしましょう。

短期間で衛生管理者試験の講座を合格できる教材をお探しならこちらがお勧めです。スマホでも学習できるのでぜひ利用してみましょう。

色々な資格

与野なkには様々な資格が存在していますが、社労士の資格を取得しようとする人は増えてきています。社労士の資格を取得する方法について紹介していくので参考にするようにしましょう。

危険物を扱う際に必須の資格危険物乙4類を最短3日で取得する事ができる特別な教材がこちらにあります。時間のない人はスマホでも勉強できますよ。

危険物乙4

危険物乙4と聞いて聞き慣れていない人も少なくないでしょう。危険物乙4は危険物取扱者としての資格なのです。危険物乙4について紹介していくので、今後の資格取得に活かすようにしましょう。

一般的な仕事

一般的な行政書士の仕事

行政書士という仕事をご存知でしょうか。 テレビのドラマや映画などで主役にもなる事もある行政書士という仕事。しかし、テレビの中のような仕事だけではありません。 実際にはどのような仕事をするのが行政書士でしょうか。 簡単に説明していきます。 まずは、役所や官公省などに提出するような書類を作成したり、代わりに提出したりする、車庫証明などが分かりやすいかもしれません。とても大雑把にいうと事務処理のスペシャリストのようなものです。 同じような資格に司法書士という仕事もありますが、少し違ってきます。 このような行政書士ですが、資格などを取得するにはどうすればいいのでしょうか。 また合格率や試験内容などを詳しく紹介していきます。

試験内容や合格率など

では、行政書士の資格を取るにはどうすればよいのでしょうか。 まず行政書士は国家資格になります。 国家資格の試験に合格すれば行政書士になれます。 受験資格は年齢、学歴など関係なくどなたでも受験することが出来ます。 では気になる試験内容はどうでしょう。 試験科目としては憲法や行政などの法令科目と政治や経済の一般知識の二つの科目から出題されます。 気になる合格率ですが、毎年合格者10%ほどと少し低めです。 しかし、独学でも試験を受けることも出来ますし、一度資格を取得すれば一生使える資格なのでここは頑張って資格したいところです。 今は、通信教育でも資格取得の勉強ができますし、もし気になっているのなら早めに勉強を始めることをおすすめします。